お肌に関する様々なお悩み

<一般皮膚科>

・アトピー性皮膚炎
・湿疹(一次刺激性/アレルギー性/脂漏性)
・じんましん
・子供の皮膚炎(あせも/とひび/脂漏性湿疹)
・帯状疱疹・単純ヘルペス  ・ホクロ
・うおのめ・たこ    ・円形脱毛症
・水虫  ・やけど  ・にきび  ・シミ
・多汗症 ・乾癬

<禁煙外来>

禁煙におそすぎることはありません。健康寿命を延ばしましょう。内服薬で、健康保険適用です。

<漢方>

西洋医学でも良い治療法はありますが、漢方でも治療効果が期待できます。
体質や症状により、処方いたします。

<自費診療> 金額はお問い合わせください

・コウジ酸 ハイドロキノン HQメディソープ(しみ・くすみ)
・ピアス(基本、軟骨にはいたしません)
・プロペシア(AGA)男性型脱毛症は男性医師担当です。

 

斉田皮フ科マホロバクリニック:
お肌の悩みについて

異なる肌のタイプには異なる治療やケアが必要です。斉田皮フ科マホロバクリニックでは、お客様の特定のニーズに合わせてパーソナライズされた皮膚療治やその他のサービスに誇りを持っています。

とはいえ、肌のタイプに関係なく、肌の悩みは同じです。にきびから敏感肌まで、多くの人がお肌の悩みに苦しむでしょう。しかしながら、適切な情報と皮膚の専門家による継続的なケアで、これらの問題を簡単に解決することができます。

斉田皮フ科マホロバクリニックの経験豊富な専門家からのさまざまなお肌の悩みについての役立つ情報とアドバイスを使用して、お肌を内側と外側から管理してください。

にきびとシミ

にきびは間違いなく人々が直面する最も一般的な皮膚の問題です。思春期のために、ティーンエイジャーはこのお肌の悩みを受けやすいです。普通には、それは十代の年後に消えます。

しかし、20代や30代にわたってもにきびやシミに苦しんでいる人もいます。重症度に応じて、にきびは刺激性と持続性があり、皮膚にシミを残してしまう場合があります。

乾燥肌

天候と遺伝学のいずれかの原因でも、乾燥肌は面倒で見苦しい肌の問題となっています。かゆみやフレーキングが発生するため、お肌が引き締まった不快な状態になります。

乾燥肌は冬や春のような寒い季節に頻繁に現れます。ただし、温浴やシャワー、石けんの過酷さ、日光への露出など、さまざまな原因から引き起こされます。したがって、保湿治療は重要です。

目元

皮膚の最も敏感な部分の1つは、目の周りです。目の周りの皮膚は顔や体の他の部分の皮膚に比べて薄くなっています。そのため、目の周りのデリケートな肌は、しわやたるみなどお肌の悩みを抱えています。

目は心の窓であると言われているので、年を取り疲れた顔をしないように、目の周りの皮膚をケアすることが重要です。年齢を重ねるにつれて、目を支える組織と筋肉が弱まり、たるみ始める可能性があります。優れたスキンケアルーティンにより、小さなシワ、目元のクマ、目袋、腫れを防ぐことができます。

敏感肌

敏感肌は多くの人にとって厄介な肌の問題になるでしょう。特定の皮膚製品の反応として簡単に炎症を起こす可能性があるためです。発赤、灼熱感、かゆみなどの見苦しい症状が現れることがあります。

敏感肌をケアするために、斉田皮フ科マホロバクリニックは適切で優しいスキンケア製品と治療提案を提供しています。優れたスキンケアとスマートなライフスタイルにより、健康的で美しい肌を保つことができます。

斉田皮フ科マホロバクリニックを今すぐご覧ください!

斉田皮フ科マホロバクリニックで専門家のアドバイスと専門的なスキンケアを受け取りましょう!今すぐ予約して訪ねて、お肌に必要なものを了解してみましょう。