光美顔・光脱毛

初回トライアル料金

従来のフォトフェイシャルをさらに進化させたのがP-フェイシャルです。

P-フェイシャルやフォトフェイシャルでは、C-IPLと呼ばれる有害な紫外線をカットした特殊な光をあててシミ、ソバカスをケアしていきます。
皮膚科医の中には、「ある程度の効果が見られるには5回程度の照射が必要」という医師もいますが、実際には2回から3回で効果が現れてくる人もいれば、肝斑と呼ばれる頑固なシミには10回以上の照射を要することもしばしばです。
では、いわゆる病院で行なう「シミとりレーザー」と違って、フォトフェイシャル、P-フェイシャルはなぜ数回かかるのでしょうか?

答えは、「ダウンタイム」と呼ばれる言葉がキーワードになります。
「ダウンタイム」とは、ある治療を行なって出来た傷やかさぶたが完全に治るまでの時間のことです。
レーザーなどでは一度にシミをとる分、表面がずるむけになりかさぶたが残ります。
一方、P-フェイシャルでは、弱い光をあてて少しずつシミ、ソバカスを取り除いていくので「ダウンタイム」が無い、すなわち照射直後から普通にお化粧が出来るのです。

では、数回に分けてP-フェイシャルを受けている間、お肌の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか?

 

図1は、全く初めての照射前のお肌です。
「表皮」とよばれる、波打っている部分よりも上に濃淡のさまざまなシミ、ソバカスが見られます。
一般的に光というものは黒いものに吸収されるという性質があります。
寒い冬に黒い服をきていると暖かいのと同じことです。
まず1回目の照射はごく弱いパワーで光を照射します。 すると図1の、特に濃いシミ、ソバカスのみが反応し、そこだけほんのりと軽いヤケドを起します。

 

数週間経過すると、図2のように、濃いシミ、ソバカスは薄くなります。
そこで、2回目の照射です。
今度は、1回目よりもパワーを上げますから、より薄いシミも反応して、まず1回目の照射はごく弱いパワーで光を照射します。

 

 

最終的には図3のように、全てのシミが薄くなるということなのです。
せっかくシミが取れても、ケアが悪いとどんどんメラニン細胞がメラニン、すなわちシミ、ソバカスをつくってしまいます。
P-フェイシャル照射開始からは、しっかりとした化粧水やビタミンC誘導体ローションでシミを作らなくさせ、日中はしっかりとUVケアを行ないましょう。
また、上記の説明はシミ、ソバカスに限局した説明であり、P-フェイシャルによりお肌の張りをキープすることや、ピーリング効果によるお肌のスベスベ感というものは、回数に関係なく照射毎に効果が現れます。
シミがある程度とれた後、張りやキメをキープする為に担当者と相談してP-フェイシャルを施術する間隔を相談していきましょう。(定期的にケアすることをお勧めします)

P-リボーンと呼ばれる光美顔術は、特殊なジェルを肌の表面に塗布し、そこにC-IPL光を照射し反応させ、二次光(プラズマ)と呼ばれるものを発生させて皮膚を綺麗にしていきます。

ヤグレーザーと呼ばれるレーザーを用いたフォトリボーンという治療を応用したものです。
一般的に、ある特定の波長の光を何かの物質に向けて照射すると、設定条件によっては、その物質は二次的に音や光などのエネルギーをだすことが知られています。

P-リボーンはC-IPLを無害な酸化チタンに向けて照射し、370ナノメートルから1000ナノメートルの間でピーク出力が均一な様々な波長の2次光(プラズマ光)を出すことにより施術を行なう光美顔術です。(560ナノメートル以下の波長をカットしておいて再び波長変換する理由はピーク波長を均一にしたいがためです)

P-リボーンで使用するプラズマジックジェルには黒色炭素が含有されていますから照射部位のレーザーピーリングも同時におこなわれます。
これにより、しみ、こじわ、ニキビ、ニキビ跡、赤ら顔、毛穴の黒ずみなどの施術が行なえます

図1は治療前の皮膚の状態です。
角質のキメは粗く、お化粧ののりも悪い状態です。
毛穴の開きと黒ずみが目立ち、表皮にはシミも見られます。

図2は、治療前の皮膚に、プラズマジックジェルを塗布し、C-IPL光を照射したところです。

図3は治療後の皮膚です。
レーザーピーリング効果により角質の肌理(きめ)が整い、すべすべになっています。
毛穴も引き締まり、シミも薄くなってきています。

P-フェイシャルは大体3週間に一度の施術が目安ですが、P-リボーンに関しては肌への負担が極めて少ない為、「次の施術まで何日開けないといけない」といった制限は特にありません。

次に、P-リボーンの特徴といえるニキビへの効果を見てみましょう。

ニキビの原因は、様々な要素が重なって出来ますが、その内の重要な原因の一つに、アクネ菌(P.acnes)の存在があげられます。

P-リボーンではC-IPLとプラズマジックジェルの働きにより、P-フェイシャルやフォトフェイシャルでは出せない370ナノメートル付近の波長の光が出ますから、アクネ菌(P.acnes)に対する殺菌作用があります。

アクネ菌(P.acnes)の出すポルフィリンによる活性酸素を取り除き、ニキビ治療には欠かせない存在となっているビタミンC誘導体ローションとの組み合わせで、かなりの効果があげられています。

ダウンタイムがないので、照射したその日でもお化粧ができます。
光美顔なのに毎日できる安全性の高いフェイシャルトリートメント。
さらに光美顔なのに強力な冷却装置によって痛みがほとんどありません。

施術事例

近赤外線といって黒い色素(メラニン)だけに集中する光線を利用したもので、これを照射するとエネルギーは冷却装置によって安全に皮膚表面を通過して毛根に集中し瞬間的に熱を生じます。
この熱で毛包にある毛の再生工場(幹細胞)を蛋白変性させて脱毛をおこないます。

毛が抜け落ちている休止期には効果がありません。
また成長期の始めの細い毛には効果が少ないので間隔を長くし、太くなってから次の施術をおこないます。
産毛や細い毛は高出力で照射しないと脱毛できませんが、P-nainには強力冷却装置がついているので安全です。

施術事例

この方は4回施術後、3ヶ月たっても1本も生えていません。
個人差はありますがPSCの光脱毛は3ヶ月おきに3回の脱毛で75%から90%の処理が終ります

P-フェイシャル

P-リボーン

P-フェイシャル+P-リボーン

 

Saidahifuka Maholova: 心配の不必要な毛を取取除外する

Saidahifuka Maholova Clinic では、肌の美しさと健康を保つためのサービスを提供しています。

体の一部には、他人に見えるような毛が生えています。 見た目にスタイルを追加することもありますが、衛生面に懸念がある人もいます。

Saidahifuka Maholova Clinic では、レーザーを使用したフェイシャルヘアの除去を行っています。これにより、完璧な肌を実現できます。

レーザー脱毛は、光の集中ビームを使用して不要な髪を除去する医療手順です。 肌が軽い、髪が暗い人には最も効果的ですが、すべての種類の肌にも効果的に使用できます。

最初の脱毛には、複数のレーザー脱毛処理が必要です。 保守治療も有益ですが、必須ではありません。

クリニックでのレーザー治療は、 P フェイシャルとも呼ばれます。 この手順では、有害な紫外線を遮断する C-IPL と呼ばれる特殊光を使用し、 P フェイシャルおよびフォトフェイシャルでスポットやしみを処理します。

皮膚科医の中には、 5 回の治療で効果が顕著に現れると言う人もいるが、 2 〜 3 回の治療を受けた直後に効果が見られる人もいる。 しかし、メラノーマと呼ばれる頑固なスポットでは、 10 種類以上の放射線が必要になることがよくあります。

この処置の後で、あなたの表面は直す時間を必要とする。 これは「ダウンロード」と呼ばれます スポットはレーザーで一度にすべて除去され、表面が斜めになり、治療後もスキャンが残ります。

さらに、弱い光を P フェイシャルに適用して、「ダウンロード」の必要性がなくなるように、スポットやしみを徐々に取り除くこともできます これは、照射後すぐにメイクアップを適用できることを意味します。

ステップバイステップの手順

  • 第 1 段階では、最初の照射では非常に弱い電力で光が放射されます。 暗いスポットやしみが反応し、わずかな火傷だけが発生します。
  • 2 番目の手順は、数週間後に実行されます。 レーザーの出力が増加し、より薄いスポットでも治療に反応するため、暗いスポットやしみは薄くなります。
  • この手順の最後の手順では、レーザー治療は行われません。 これは処置の後であなたの皮をよく大事にする維持期間および時間である。 メラノサイトは、顔をよく管理しないとメラニンを生成します。 日中はローションと UV カットをお使いください。
  • 染色剤がある程度除去された後、 緊張と質感を維持するために担当者に相談し、 P フェイシャルトリートメントの間隔について話し合う。

治療後

レーザー脱毛後、最初の数時間は赤みや腫れが発生することがあります。 治療部位に氷を当てることで不快感を軽減できます。 レーザー脱毛後に皮膚が反応しない場合は、医師がステロイドクリームを患部に塗布します。

レーザー脱毛後、および定期治療の間は、太陽光を避けて 6 週間または医師の指示に従って日焼けベッドを使用しないでください。 毎日、広いスペクトルを使用して、肌を保護し、完全に回復する SPF30 日焼け止めを使用してください。